私達の生活を便利にしてくれている電話について
Contents

公衆電話の必要性を考える

近年は自宅にある固定電話だけでなく、個人個人が所持する携帯電話も普及しています。そのため、街中で公衆電話を見かけることが少なくなりましたね。しかし、台数が減っているとは言え、あるべき場所にはしっかり設置されています。例えば、病院の入り口付近や市町村役場、学校内、コンビニエンスストア前などが挙げられます。以前よりも数自体は減っていますが、歩道に電話ボックスが設置されているのも見かけるでしょう。病院では入院患者が家族に電話するために利用しますし、通院患者がタクシーを呼ぶ際にも公衆電話を使います。学校の中には、子供が親に迎えを頼むときに利用する公衆電話があります。

携帯電話が普及している現在ですが、携帯電話を持てない人も少なくありません。心臓の疾患がある方のそばでは、携帯電話の使用は避けなければなりません。子供は小さいうちから携帯電話を持っていることが多いですが、学校に持って行くことは特別な事情がない限り禁止されているでしょう。このように、公衆電話はなくてはならない存在だということが分かります。災害などで混乱が生じている場合は公衆電話からの発信が無料になることもあり、緊急時にも欠かせないものとなっています。

Copyright (C)2017私達の生活を便利にしてくれている電話について.All rights reserved.