私達の生活を便利にしてくれている電話について
Contents

職場での英語の電話は英語ビジネスの最初の壁です

英語の勉強をして、英語が得意になって、英語を生かせる職場を探して就職する。そういう人も少なくはないでしょう。しかし、しっかり勉強して、自信をもって就職をしたとしても、ビジネスにおける英語は、英会話教室で習う英語とは少し違います。ホームステイ先のホストファミリーとの会話とも少し違うものです。その違いは、発音や文法にあるのではありません。

正確性を要求されるということが、ビジネス英語とそれ以外との大きな違いです。そして、誰もが最初にぶつかる職場での壁は、電話です。電話における英会話です。身振りや手ぶりを利用することはできません。また、相手の身振りや手ぶりから推測することもできません。それでも、正確性は要求されます。ビジネスにおける電話とはそういうものです。そんな時どうすれば良いのかと言うと、結論から言えば、諦めるということも大切な決断だということです。しかし、ただ諦めるだけでは、せっかく勉強した意味がありません。別の人に代わってもらうための表現はしっかり覚えておく必要があります。相手に不快感を与えない表現を覚えておくのです。正確に意志を伝えあうことが、ビジネス電話に求められることですから、中途半端に分かったふりだけはしてはいけません。

Copyright (C)2017私達の生活を便利にしてくれている電話について.All rights reserved.