私達の生活を便利にしてくれている電話について
Contents

ながら電話は、相手に不快感を与えるのでしてはいけません

職場で思わずやってしまう間違ったことの中に、ながら電話というものがあります。これは、何かをしながら電話をかけてしまうことや、何かをしながら電話に出てしまうことを言います。掛ける場合はもちろん、出る場合でも、してはいけないことです。

掛ける場合は、先ずは、今していることを一旦止めてから掛けるべきです。それが、電話と関係の有ることでも同じです。例えば、インターネットで調べながら電話するという行為です。調べるべきことがあるなら、電話を掛ける前に調べておいてから、掛けるべきです。電話の内容から調べる必要が出た場合は、調べることを相手に伝えてから調べるべきです。そうしないと、相手に伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。電話に出る場合も同じです。別の作業中に掛かってきた場合も、一旦手を止めてから出るようにします。電話だから相手からは見えないから大丈夫だろうと考えてはいけません。不思議と、別のことをしながら電話をしているということは、相手に伝わります。そして、それに好感を持つ人などいません。ほとんどの人は不快に感じます。ですから、何かをしながら電話をける行為も、電話に出る行為もしてはいけない行為なのです。

Copyright (C)2017私達の生活を便利にしてくれている電話について.All rights reserved.