私達の生活を便利にしてくれている電話について
Contents

たまには電話をするのも良いものです。

相手の都合や時間帯を気にしなくて良いということと、手軽さから、専らコミュニケーションはメールの私ですが、やっぱり声を聞ける電話は良いものだと、シミジミ実感しています。もちろん、一番良いのは、会って直接話が出来るというものだと思います。けれど、現実には、お互いのいる場所であったり、生活のリズムと、色々なことが邪魔になって、中々叶うことは無いように思います。そういった事を気にせずに、相手とコミュニケーションをとれる手段の一つがメールではないでしょうか?

あまりの便利さに、特に意識することなく、当然のように使い倒していますが、そんな中、一昔前までは主流だった電話を使ってみると、意外な発見があり、その良さをかみしめることになりました。本当に、ただの気まぐれだったとしか言いようがないのですが、いつもはメールを送るところを、その日は電話にしてみたのです。突然の電話だったので、友人も驚いてしましたが、とても充実した時間になったのは言うまでもありません。

話した内容や時間という点では、取り留めのないものだったと思います。ただ、感情がこもった声というのは、それだけでメッセージに重みを与えるというか、意味の無い言葉でも温かいものに変えてしまったり、凄いパワーがあるのだと実感させられました。日々の忙しさの中では、やはりメールに軍配が上がるものの、時々は時間を作って電話をするのも良いものだと思う私です。

Copyright (C)2017私達の生活を便利にしてくれている電話について.All rights reserved.