私達の生活を便利にしてくれている電話について
Contents

ビジネスにおける電話のマナー

携帯電話やスマートホンが全盛時代ですが、ビジネスにおいては卓上電話でのマナーが重要になります。電話は、右利きの人は必ず左手で取ります。ビジネス電話の場合、ベルは2回目で出ます。なぜなら1回目で出ると、かけた側の心の準備ができていないからです。ベルが4回以上になったら「大変お待たせいたしました。」と一言お詫びをしてから出ます。また電話は確認が必要です。具体的には「いちじ」を「七時」と間違えた例など確認ミスには枚挙にいとまがありません。

電話には、「少々お待ちください」「折り返しお電話致します」など時間を表す特有の言い回しがあります。この時間感覚をお互いが共通でもっていないと「長く待たされた」「すぐに電話に出てもらえると思ったのに」とクレームの原因になることもあります。「少々お待ちください」の少々は、10秒から長くても20秒までと考え、「折り返しお電話致します」は10分以内に電話を返すようにします。「改めてこちらからおかけします」は10分から15分以内にかけなおす時に使います。これらの例から分かるように、電話は素早く対応するというのが基本です。ちなみに「おはようございます」を使うのは午前10時半くらい迄です。

Copyright (C)2017私達の生活を便利にしてくれている電話について.All rights reserved.